お客様が思い描いた”夢”をカタチに。

STAFFブログ

STAFF

もうすぐ始まる!マイナンバー!!

みなさん、こんにちは(≧∇≦) アーバンホームの末政です!

タイトルにも記載しておりますが、マイナンバー制度は2015年10月から始まります。

使用開始は平成28年1月(2016年1月)から開始されます。

あと数ヶ月もすれば通知が開始されてしまいます。

この『マイナンバー』とは住まいの市町村から通知され、国民一人一人に対して通知される個人番号です。

この個人番号は一生私たちの番号となり番号の変更もありません。

・・・じゃあ、いつ、どんな時に使うの?ってなりますよね。。マイナンバーが使われるのは主に以下の3つに関連

するときです。

・社会保障
・税金
・災害補償

マイナンバー制度(番号制度)導入により、行政では書類の確認作業の手間とコストが削減できます。

社会保障では申請をする人は申請のための書類を準備しないといけませんでした。

マイナンバー制度(番号制度)により申請者は添付書類なしで行政機関に申請ができることになるので申請のときの

手間が省けます。

このマイナンバー制度(番号制度)によって社会保障にかかわる行政機関の業務間で、より正確な情報が得られるの

で、真に手を差し伸べる人へのきめ細やかな支援ができることになります。

マイナンバーを使用する場面としてサラリーマンの年末調整や印鑑登録、確定申告、雇用保険や医療保険。年金や子

育て制度まで様々なところで使用されていきます。また自分の預金口座でどれだけの収入があるなども簡単にわかる

為、不正受給や脱税の防止になります。最近良く目にする年金や生活保護の不正受給がありましたからね。

 

マイナンバー制度で会社に副業がバレてしまう?

マイナンバー制度の導入によって副業をしている方にとって不安になることは会社に知られてしまうことではないで

しょうか。マイナンバーの規則では民間企業へのマイナンバーの流用は禁止されています。つまり会社が勝手に調べ

てはいけません。

”マイナンバーは、社会保障、税、災害対策の手続のために、国や地方公共団体、勤務先、金融機関、年金・医療保

険者などに提供するものです。こうした法律で定められた目的以外にむやみに他人にマイナンバーを提供することは

できません。他人のマイナンバーを不正に入手したり、他人のマイナンバーを取り扱っている人が、マイナンバーや

個人の秘密が記録された個人情報ファイルを他人に不当に提供したりすると、処罰の対象になります。”

基本的にはマイナンバーによって会社に副業がバレてしまう危険はありません。しかし、住民税に関しては確定申告

時に『普通徴収』を選択しないと住民税が上がる為会社にバレテしまうので注意が必要です!!

 

今回はマイナンバーについての一部をご紹介しましたが、まだまだ知っておかないと・・・という内容も多々ござい

ます。 預金の中身も国が把握したりしますので(# ゚Д゚)

みなさん、マイナンバー制度が始まる前には、是非一度ご確認されてくださいね!!

2015y07m03d_145148319

 

 

アーバンホームへのお問い合わせは

  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • 専用フリーダイヤル
  • 0120504552