お客様が思い描いた”夢”をカタチに。

STAFFブログ

STAFF

マイホーム購入と生命保険

こんにちは営業の坂本です。

今日は家を買うときには生命保険の見直しをした方がいいという話をお一つ(^◇^)

 

日本人の8割は何らかの生命保険に加入しているそうです。

なので当てはまる方も多いのではないでしょうか⁈

 

いきなり結論をお話しします。

現在、実家にお住まいの方などで家賃を払っていない方はこのお話には当てはまりません。

家を買う前は賃貸住宅に住まれてて、家賃を払われている方がこの話に当てはまります。

 

賃貸に住まれているご家族のご主人に万が一のことがあった時には、残されたご家族は

ご主人が亡くなった後もそのまま家賃を支払い続けないといけません。

当然、その家賃部分も生命保険に加入していて保険料を払っているはずです。

 

マイホーム購入後は、この家賃部分の生命保険料を節約することができるのです。

 

どうして?‥

マイホームを購入して住宅ローンを組む時にはほとんどの場合、団体信用生命保険に加入します。

ご主人に万が一のことがあっても住宅ローンはこの団体信用生命保険がローンを払ってくれる仕組みです。

 

あってはならない万が一のことがあった時、残された家族が生活に困らないように加入している生命保険。

マイホームを買った後は、団体信用生命保険があるので

ご主人に万が一のことがあっても残されたご家族は、住むところには困らないのです。

 

つまり賃貸住宅に住んでいた時に加入していた

『住居費に関わる生命保険部分は減額して保険料を節約することができる』という話です。

 

ちなみに私は現在、実家に住んでいますのでこの話には当てはまらないほうです。

マイホーム購入計画中の方も、すでに買われた方も、一度点検して見られてはいかがでしょうか。

アーバンホームへのお問い合わせは

  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • 専用フリーダイヤル
  • 0120504552