お客様が思い描いた”夢”をカタチに。

STAFFブログ

STAFF

アーバンホームの基礎工事

こんにちは、アーバンホームの吉野です。

本日は基礎工事についてのお話です。

住宅の基礎が出来るまでについて「よく知ってる!」

・・・という方は少ないんじゃないかと思います。

基礎という部分については読んで字のごとく非常に大事な部分になります。

当然ながら傾きがあったり、強度が弱かったりするとその上に乗っかる家本体に影響がでてしまいますね!

細かい事を言うと膨大なページとなりますので、ザックリですが・・・

 

まずはコンクリートを打設する前の作業、「地業」と一般的に言います。

砕石を引き綺麗に踏み固めていきます。

柳川基礎 (2)

 

その後、地面からの湿気を防ぐためのシートを敷き、鉄筋を組んでいきます。

鉄筋を入れる理由は、

1.コンクリートの引っ張りの強度を高めるため。

2.コンクリートを割れにくくするため。

ちなみに鉄筋と鉄筋の間隔の事を「ピッチ」といいますが、

法律上は300㎜、アーバンホームは150㎜~200㎜で施工してます。

ピッチは小さいほど良い、と言われることもありますがスキマにうまく砕石が入らない事もあるので

アーバンホームでは上記数値で施工しております。

柳川基礎 (1)

 

ここまで終わると行政の「配筋検査」が行われ、合格すると次に

「ベタ」打設となります。俗に言うベタ基礎ですが、今の住宅は基本コレ!!

底面全部にコンクリートを流すことで家を面で支えることが出来ます。

底面にコンクリートを流さないやり方を布基礎と言いますがアーバンホームは全てベタ基礎です。

玉名基礎 (2)

 

最後に「立ち上がり」という垂直の部分に型枠を組んで、

コンクリートを打設し、

玉名基礎 (1)

 

時期にもよりますが固まったら型枠を外します。

すると、良く見かける「基礎」になりました。

 

アーバンホーム基礎

 

本当はもっともっと色んな工程があるのですが、ザックリこんな感じです☆

そして何と!基礎は住宅のデザインにも影響するのです!

家を横からみると上から外壁、水切り、基礎の順番で見えるのですが

外壁からある程度垂直で施工すると非常に綺麗にみえます。

アーバンホームではこの綺麗に見えることにこだわって部材に合わせて設計上色々やってますよ!!

「なんとなくカッコいい☆」それでいいんです。その部分はプロにお任せください!!

2015110201-2-1024x768

 

 

 

アーバンホームへのお問い合わせは

  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • 専用フリーダイヤル
  • 0120504552