熊本の住宅会社アーバンホームの設計基準・構造ページ

アーバンホームの設計基準・構造

アーバンホームの信頼できる構造

全棟高品質・高性能で、家族が安心できる
自然災害にも強い家づくりを。

家づくりは一生のうちの一大事業です。住宅にとって建築に使用される木材や断熱材耐震性などは、
永く安心して暮らしていくための最も重要な要素です。

  • 全棟標準
  • 耐震等級3相当(自社基準)
  • +
  • 硬質発泡ウレタン
  • +
  • 制震ダンパー
  • +
  • 省令準耐火構造

「熊本城」 「東本願寺」 を守る [制震ダンパー] があなたの住まいを守る。全棟標準

 アーバンホームの住宅には全棟標準で、地震時の振動エネルギーを瞬時に熱エネルギーに変換する高減衰ゴムの性能を利用した住友ゴムのMAMORY[マモリ-]を搭載。地震の揺れを吸収・放熱し、さらに繰り返し発生する地震にも効果を発揮。大切な住まいと、みなさまの生活を守る制震装置です。

耐震 + 制震

耐震 + 制震

制震効果のメカニズム

実験にて効果を実証

高い設計自由度

メンテナンスフリー

メンテナンスフリー

「省令準耐火構造」に標準仕様で対応。一般の木造住宅より火災保険料が約半額。全棟標準

 省令準耐火構造の住宅とは、建築基準法で定める防火性能を持つ構造として、住宅金融支援機構が定める基準に適合する住宅をいいます。私たちの建築する家は全棟「省令準耐火構造」に標準仕様で対応しており、お客様の安全な生活を守ります。

「省令準耐火構造」3つの特徴

「省令準耐火構造」3つの特徴

外壁材

内壁材

構造面でもデザイン面でも性能を発揮する「集成材」の使用。全棟標準

 集成材とは、小さく切り分けた木材を乾燥させ、接着剤で再構成して作られる木材のことを指します。主に建材やテーブルの天板などの素材として使用され、工務店や住宅メーカーでも頻繁に用いられます。近年は学校建築物などの大型公共施設の梁などにも用いられるようになっています。アーバンホームの住宅は、主にこの集成材を使い建築されています。

集成材のメリット

集成材のメリット

変形・割れが生じにくい

変形・割れが生じにくい

集成材のメリットイメージ

硬質発泡ウレタンで高レベルの断熱。

硬質発泡ウレタンで高レベルの断熱イメージ

湿気を防ぎ防音もできる、高機能の断熱素材

湿気を防ぎ防音もできる、高機能の断熱素材

筋交い+建築基準適合金物

ネダレス工法ジ(床材 28㎜使用)

ベタ基礎パッキン工法

ベタ基礎パッキン工法

アーバンホームの高い設計基準

アーバンホームの家づくりは、
厳格な「15の設計基準」を定めています。

アーバンホームでは、財団法人・日本住宅木造技術センターによる、木造住宅供給支援システムの技術基準15項目をクリアした
高品質で高性能な住宅を提供させていただいております。

※地域柄、琉球アーバンホームでの建築の際は仕様が異なります。

火災報知器

機械式プレカット部材の使用

地盤調査

耐震等級3

省エネルギー住宅

施工管理規定による検査の実施

住宅瑕疵10年保証・シロアリ10年保証

住宅瑕疵10年保証・シロアリ10年保証

厳格な設計基準

厳格な設計基準

シックハウス対策

剛床施工

鋼製束

ヘッダー配管

外壁通気工法

木造[ 耐久性 ]住宅

バリアフリー住宅

資料請求・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ