blogスタッフブログ

2021年9月4日(土)

  • おうちコラム

ハウスメーカーと工務店の違いとは?

皆さんこんにちは、経営企画部の井上です。

 

家を建てる会社の呼ばれ方として「ハウスメーカー」「工務店」などがございます。

どちらも家を建てているのに何で呼ばれ方が違うんだろう…と思う方もいるでしょう。

 

今回のブログではハウスメーカーと工務店の違いについてご紹介していきます。

それぞれの違いを知り、どちらが皆さんのお家づくりに適しているか参考になさってください。

ハウスメーカー、工務店の違いとは?

“ハウスメーカー”とは日本国内全域または広範囲の規模で展開する住宅建設会社のことをいいますが

正式な定義はなく、”住宅メーカー”と呼ばれることもあります。

 

ハウスメーカーの多くは自社で生産設備を持っており

建築資材の一部を規格化することで、全国規模で住宅の大量生産を実現しています。

 

住宅商品の規格が統一化されているため、工期が短くスムーズに進み

商品やサービスの品質を維持しながらお客様に安心をお届けしています。

 

 

それに対し、”工務店”比較的狭いエリア内で地域に密着した活動を行っている建設会社のことを指します。

 

地域密着型なので、何か困ったことがあった際にもアフターフォローをすばやく対応してたり

お客様の好みや条件を聞き、希望に沿った設計・施工をしてくれる自由設計を行っている会社が多くあります。

 

その中でも着工棟数が他の工務店よりも多く、大手ハウスメーカーのようにモデルハウスや展示場を設けるなど

積極的な営業を行っている工務店は”ビルダー”とも呼ばれています。

ハウスメーカー、工務店を迷っている皆さんへ

ハウスメーカー、工務店ともに家を建てるという点では一緒ですが

全国展開をしている大手ハウスメーカーの魅力はやはりブランド力と信頼度が高いです。

 

ですが、”お家”というものは人生で一番と言っていいほど高い買い物です。

 

地域密着で建築を行っている工務店だからこそ、自分が建てたいこだわりのお家を建てることが可能なので

自分のこだわりたい箇所にはコストをかけ、インテリアなどでシンプルに作りたい人はコストを抑えるなど

お客様に合ったお家づくりをすることができます。

 

アーバンホームは工務店の中でもビルダーにあたる住宅会社なので

高い信頼度を生かして、お客様が叶えたいこだわりのお家を一緒に造らせていただきます。

 

お家についての悩み事、お困りごとなどございましたら

アーバンホームスタッフまでご相談ください。

 

無料相談はコチラから!

アーバンホームが建てた家を見たい方はコチラから!

 

スタッフブログ一覧

近日開催のイベント

SNSでも情報を発信中!

2008年に福岡県大牟田市で事業を開始し年間契約20棟弱から始まった私達の家づくりは年々棟数を伸ばし続け、2015年には通算契約棟数300棟、2019年には140棟以上の契約を達成いたしました。その甲斐あって、熊本県北地域(荒尾玉名地区)で商圏販売棟数ナンバーワンという輝かしい称号をいただきました。同時に実店舗も熊本県荒尾から玉名〜福岡県柳川へ範囲拡大し2017年には熊本市内の平成へ、2018年には沖縄にもオフィスを構え、2020年には佐賀へ出店することができました。全てはご支持を頂いている地域の皆様のお陰でございます。これからもアーバンホームは地域密着しお客様に寄り添う事を大切に、地元・皆様のお役に立てるように精進してまいります。
主な建築エリア
【熊本市】熊本市・荒尾市・玉名市・玉名郡・山鹿市・菊池市・菊池郡・宇土市・宇城市・合志市・上益城郡
【福岡県】大川市・三潴郡・筑後市・柳川市・みやま市・大牟田市・久留米市
【佐賀県】佐賀市・鳥栖市・小城市・多久市・神埼市・三養基郡・武雄市